海外旅行での安全確保






海外旅行での安全確保

海外旅行に出かけることが決まったら、安全に関する情報を集めます。

現地においての政治状況、犯罪について、また衛生環境や医療事情等、関係する情報をたくさん集めるのです。

もちろん海外旅行客を受け入れるくらいなので、安全な地域だと思いますが、たまにテロなどがおこったりもします。

特に知っておくといいことは、日本人がどういった内容のトラブルに遭遇することが多いのかです。

あらかじめ。どこに気をつけたらいいのかを知っているだけで、だいぶ違ってくるでしょう。

もちろん旅行会社でも海外旅行での治安、犯罪、トラブルへの対策は、大事にしています。

旅行者の安全を確保するために、いろいろなセイフティーネットを用意しています。

しかし最終的には自分の責任になってきます。

テロから病気まで安全情報といっても多様です。

その国において、何がもっとも危険なのかを知ることが必要です。

気をつけたいことは、どういった機関が、何の目的でその情報を発信しているかです。

外務省、在外公館すなわち日本大使館、領事館が出してくる情報は「在留邦人保護」が目的です。

しかし海外旅行先の国の体面を傷つけるような内容には慎重になって、後手に回ってしまうこともあります。

危険が大きい場合であっても、場合によっては勧告を出すの慎重になることも考えられます。

それとは反対に、危機管理を扱う専門業者が出してくる情報は、必要以上に不安感を煽り、旅行者に余分な心配をかけることもあります。

それでは、危険のリスクの具体的なレベルに関しては、どう判断すればいいのでしょう。

現地に進出している企業や銀行などに聞くという方法もあります。

日本在外企業協会や海外建設協会等は、事業所に向けた情報の発信をしています。

そのため、かなり情報が整理されているんです。