海外旅行の保険






海外旅行の保険を安く済ます。

海外旅行に行くことが決まったら、外旅行保険が必要になってくるでしょう。

一般的には、そうする人が大多数と思います。

例えば、特殊なケースで、インドを漂流したい人や、バックパッカーとかヒッチハイカーで移動するといった人は、保険を付けないで行く場合もあります。

海外旅行保険に加入し対場合、いくつか加入場所が存在します。

今回は空港で保険に加入する際にに、保険料を安くする方法をご紹介します。

海外旅行保険の平均的なものは、3000万円の死亡保険を組み合わせた契約タイプで、だいたい4千円くらいかかります。

必要なものとはいえ、これは少々高いですね。

できるのならば、このお金を、別のことに使いたいものです。

おおよそ4200円の海外旅行保険料はを、3000円程度まで下げる方法があります。

その方法はというと、4200円の海外旅行保険の場合、この料金はいろいろな保障を含んだ値段なのです。

例えば死亡、後遺障害、治療費用、盗難、賠償責任等です。

その中から要らない項目を申請すれば、料金を安く済ますことができます。

では要らない項目を選ぶのには、どうしたらいいでしょう。

まず他の保障と重複した内容のものをチェックしましょう。

例えば、持っているクレジットカードに盗難、賠償責任保険が付いているような場合です。

その場合、そ同じ内容のものはいりませんよね。

ただし、重複している項目を見つけたら、すぐに外すのではなく、よく調べてください。

たくさん外せばいいというものでもありません。

国内向けの保険だった場合は、海外で起きたことをカバーすることができません。

海外旅行専用の保険というものもあるので、そのあたりをよく調べた上で、本当に重複した内容かどうか確認しましょう。