海外旅行はお金をしっかり管理






海外旅行はお金をしっかり管理しよう

海外旅行へ出発前にトラベラーズ・チェックを購入した時には、ホルダーサインに氏名のサインをしましょう。

このサインはパスポートと同じにします。

そうしたら、そのコピーをスケジュール帳に、貼り付けておきましょう。

もしスリにあったり紛失した場合には、現金は手元に戻ってこないことがほとんどです。

しかしトラベラーズ・チェックならば、紛失や盗難があった時で現地の銀行などで再発行をすることが可能です。

トラベラーズ・チェックをなくした時には、現地の警察署に盗難証明書を作成してもらましょう。

そうすると、購入をしたトラベラーズ・チェックの会社に情報が届きます。

盗難された場合を考え、トラベラーズ・チェックの番号を無効にしておく必要があるのです。

この手続きはできるだけ早くしましょう。

もし取られたトラベラーズ・チェックが使われてしまったら大変です。

発行の銀行に行って、再発行の手続きを行いますが、再発行までの期間も確認ておいてください。

その際に必要なものは、海外旅行先の警察の盗難証明書とパスポート、そしてT/Cの購入年月日、場所、金額の明細です。

T/Cの使用していない番号のコピーを取っておいた場合、それも持っていきます。

ホルダーサインにサインをしていない場合だと再発行を受けることができません。

購入後にはすぐにホルダーサインにパスポートと同じサインをしておきましょう。

ちゃんと同じ筆跡になるように、気をつけて書きましょう。

日本と違って、海外旅行先では判子でなくてサインの文化であることがほとんどです。

海外旅行での慎重なお金管理

お買い物、宿泊、食事、ATM等、クレジットカードはいろいろな場面で必要なものです。

こもしも紛失をした時には、現地の警察署で盗難証明書を発行してもらいましょう。

そして、カード会社に連絡をして無効になる手続きをします。

そういう時を考えて、問合せの際に必要な、カードのコピー、紛失時の連絡先、有効期限、カード番号をスケジュール帳にメモしたり、コピーを貼り付けておきましょう。

そこまで慎重な人の場合、海外旅行先で、クレジットカードをなくす恐れは少ないかもしれませんが。

そして再発行がいつになるのか等、再発行の方法も確認しておくといいでしょう。

最近はクレジットカードは、スキミングなど不正使用される危険性が高まっています。

使う時はホテル、空港の免税店、銀行程度にしておくのがいいのかもしれません。

特に場末にあるようなお店での使用は、非常に危険度が高いです。

ほんのちょっとした瞬間に、スキミングされてしまうこともあるのです。

現地に着いて、トラベラーズチェックを現金に両替した後は、現金は分けて管理しましょう。

ホテルのセフティーボックスに、一部を保管しておいて、外出時に持つお金と別にしておくのがポイントです。

こうすれば、もしスリや強盗にあってしまっても、一文無しになるようなことはありません。

海外では、日本より治安は悪い場合がほとんどです。

海外旅行ツアーの自由行動の時は、お財布は分けておくといいです。

ひとつは清算の際に、すぐに取り出せるようにしておき、もうひとつは奥にしまいます。

奥の財布は、内ポケットにベルトなどで固定できるようにチェーンが付いたものがいいでしょう。

さらに用心をするのなら、海外旅行では、服の下にウエストポーチという方法もおなじみです。