荷物が出てこない時






空港で荷物が出てこない時

もしも、機内に預けた荷物が見当たらないときはどうすればいいのでしょうか。

そういう時にはバゲージクレーム近くのカウンターに行きましょう。

そしてチェックイン航空券に貼ってもらったシール(クレームタグといいます)と航空券を出してください。

そこでパスポート番号、スーツケースの色等の見た目、スーツケースに入れた荷物の中身、そして滞在先などを記入することになります。

ここで役立つのが、スケジュール帳に控えておいたメモです。

荷物が出てきた場合に、宿泊先まで届けてくれるのか、空港で渡されるのかといったことを確認しましょう。

ここを確認し忘れると、待っいるのに全然来ないといったことにもなりかねません。

海外旅行ツアーの場合は、手続きはツアーコンダクターが代行してくれます。

紛失期間中に使用する旅行必需品の購入に使った費用等のの補償の問題もあります。

また、見つからなかった場合の補償に関しても、海外旅行に出発する前に確認しておきましょう。

こういった情報は全部スケジュール帳にメモしておきます。

荷物の紛失を防ぐには、空港でチェックインするまでに、古いタグを外すといったような、必要最低限の海外旅行のマナーを守ることが大事です。

この古いタグの取り忘れは、日本人に多いんだそうです。

海外旅行先で何度も移動する時は、特に注意が必要です。

その他のことでは、係員が原因のミスがまれに起こります。

たとえば、積み忘れや違う便に積んでしまったといったことです。

こういうケースでは、海外旅行保険の特約に加入していれば、保障されるので、必ず付けておくようにしましょう。