旅行会社の責任






旅行会社の責任についてい

旅行会社は旅行中の責任範囲はどのくらい持つのでしょうか。

海外旅行に出発する前は、気分が高揚して、ついつい忘れてしまいがちですが、しっかり確認しておきましょう。

海外旅行ツアーの場合はどうなっているのかというと、旅行会社や手配した会社側の故意や、過失によって生じた損害は、参加者に損害賠償を負う規定です。

これはあくまでも、ツアー参加者側でなく、旅行会社の方に責任のあった場合の話ですので注意しましょう。

以下のようなケースでは旅行会社の責任は発生しません。

天災地変、戦乱、暴動等による日程の変更もしくは中止の場合。

運送、宿泊機関の事故や火災が原因の変更もしくは中止の場合。

日本もしくは外国の官公署の命令による、外国の出入国規制、伝染病による隔離があった場合。

自由行動中に起きた事故の場合。

食中毒の場合。

盗難にあった場合。

運送機関の遅延や不通によって生じる変更、もしくは目的地における滞在時間が短縮された場合。

こういったことは、意外とわからないので、事前にチェックして気をつけておきましょう。

そのような場合でも対応できるよう、海外旅行保険や、クレジットカードの保障があります。

それらは海外旅行ツアー参加者の身の安全の保障のために用意されていますので、心配がある場合は積極的に利用しましょう。

もちろん必要以上に警戒するのも良くありませんが、海外旅行に慣れないうちは、事前に情報をよく調べておくのが大事です。