海外での食事選び






海外での食事選び

海外旅行に行ったときは、何を食べるか迷ってしまいますね。

やはりその国や地域しか食べることのできない名物料理や、郷土料理を食べてみたいものです。

そのために大事なことが、レストランをどう選ぶかなのです。

宿泊をしているホテルにいるコンシェルジュや、フロントに地元の料理を味わえるレストランについて尋ねてみましょう。

そうして、おすすめをされたレストランに行ったら、「この地域の名物料理を食べたい」とリクエストをしてみてください。

海外旅行においては、高級レストランだけではなく、路上の屋台等もあり、食事場所たくさんあります。

しかし、値段が高いものなら、確実においしいとも限らないのです。

そのため、むやみに高い物を注文するのではなく、その海外旅行におけるテーマや予算に合った店で食事をしましょう。

海外旅行の名物といっても、地域によって違いがあります。

たとえばスイスの名物であるチーズフォンデュは、フランス語圏の料理です。

そのため、フランス語圏ではない地域では食べられないでしょう。

他にも、中国の飲茶は、広東の地方料理のため、北京にはないものなのです。

旅行先にはどういった名物が存在しているのか、事前にリサーチしておきましょう。

場合によっては、選択肢が少なくて、同じメニューが毎日続くようなことも考えられます。

そういう時でもできる範囲で、食事の種類を増やすように心がけてください。

たとえば、日本人がオリーブ油料理ばかり食べていたとすると、胃腸がやられる可能性があります。

他にも、お肉中心の食事ばかりとっていても、そうなる可能性があります。

近頃では、海外においても日本食店のようなものが存在しています。

そういったお店に行ってみるのもいいでしょう。

また、マーケットやスーパーで野菜を買ったり、ビタミンを補給したりして、気をつけておくといいでしょう。