手もとの荷物管理






手もとの荷物はしっかり管理

海外旅行先で、航空券の再発行が必要になったらどうすればいいのでしょうか。

航空券をもし盗難された場合は、警察署で盗難証明書を発行してもらいます。

そして航空会社まで行って、紛失届けを書きます。

その際には、航空券の番号や、運賃、発効日を記入する必要があります。

そういった時のために、スケジュール帳に、しっかり情報を記入しておきましょう。

一度ふたたび航空券を購入することになりますが、帰国後に旅行会社を通じて、払い戻しの請求を行うことも可能です。

だいたいのケースは、海外旅行ツアーの場合、ツアーコンダクターが代行してくれます。

ただし、個人で格安の航空券を使うような場合は該当しないこともあります。

海外旅行へ出発する前に、払い戻し可能なのかをチェックしておきましょう。

近頃では個人での海外旅行では、格安航空券が主流ですので、たいていのケースでは買いなおしになると思います。

だから航空券は、無くさないことが一番です。

保管の仕方について、しっかり検討しておきましょう。

海外で貴重品や、携行品などがなくなったり、盗難にあった場合、戻ってくる確率は低いです。

だからといってあきらめずに、現地の警察に届けを出しましょう。

海外旅行保険に加入していれば、現地の警察で発行された盗難証明書によって、保険金の請求が可能になります。

またこれは、海外旅行保険を扱う会社により条件が違います。

できるだけ特約をつけておきましょう。

貴重品は、よっぽどのことがない限り持っていくのはやめましょう。

特に女性でアクセサリーが多い人は、消えおつけてください。