海外旅行で役立つ知識






海外旅行で役立つ知識

海外旅行では荷物が多くなってしまいがちです。

なるべく減らすために、衣類の圧縮袋や使い捨て下着を使うと便利でしょう。

または、形状記憶シャツにしておけば、前日に洗っておくと、すぐ乾きます。

ただし、東南アジア等の湿気の多い地域では難しいです。

常備薬も持っていきましょう。

風邪薬、胃腸薬、鎮痛薬等です。

目薬は抗生剤入りとかゆみ止めを持っていきましょう。

抗生物質があると楽なことが多いです。

かかりつけのお医者さんに、海外旅行に行く事を話せば、出してもらえると思います。

海外旅行先では、慣れないせいか、体調トラブルが起きることも多くあります。

現地では、医師にかかりにくいことも多く、診てもらえることになった場合でも、待つ必要があったりします。

待ち時間に苦痛をやわらげてくれるものがあると、気持ちも落ち着くと思います。

海外旅行先では、日本と違って、レストランやコンビニ、ドラッグストアは24時間営業でないことがほとんどです。

日本での過ごし方をそのまま持ち込むと、大変です。

携帯用非常食や飴は、あらかじめ持って行くのがベストです。

チョコレートでは、温度が高くなると溶けてしまうので、避けましょう。

飛行機が、真夜中に到着したり、現地での移動に時間がかかって遅くなることも考えられます。

その際に、お腹がすいても、手元に何もないと苦労します。

パックツアーの海外旅行で、滞在するのが大都会のみでしたら、だいたいの物は現地で調達して荷物を減らしましょう。

お店が少ないような場所に旅行に行く場合は、必要な物は自分で持っていく必要があります。