短期語学留学の学校選択






短期語学留学での学校の選択

短期の語学留学で通う学校はどのように選べばいいのでしょう。

学校選びには、旅行会社がいろいろなオプション付きのものを用意しています。

短期語学留学といっても、大学の付属なのか、私立の語学学校なのかで、中身は全然違ったりします。

私立の語学学校では、日程、コースのオプションが多く用意されています。

短期間の留学でも受講が可能になっているので、これが旅行会社でももっとも多いプランです。

そして外国人を受入れる体制が整っているので、トラブルの時の対応がしっかりしています。

授業の中身も豊富に用意されています。

たとえば英会話が目的のコースや、文法力が目的のコース等、勉強の目的に合わせ内容を細かく選べます。

ただ全体的に見ると会話がメインの授業が多い傾向のようです。

次回の海外旅行で、英会話が楽になるかもしれませんね。

そして、規模はあまり大きくありません。

教師と学生が少い人数で、アットホームな雰囲気です。

留学の間に旅行を楽しむのもいいと思います。

旅行会社のプランには多くはないのですが、大学付属の場合もあります。

その大学の進学をする準備のためのコースというの意味合いが大きいです。

その内容も授業で必要となる読み書きがほとんどです。

海外旅行の延長気分で、会話を学びたいという人にはあまり向いてないでしょう。

大学の正規コースへの進学に必要となる、学業の為の読み書き、ノートの取り方、レポートの書き方などを学びます。

また、研究発表、調査など、大学入学後に役に立つスキルを身につけることが目的です。