短期語学留学の心得






短期語学留学の際の心得

短期の語学留学で大切なことと言えばやはり最低限の語学力でしょう。

短期語学留学といっても海外旅行の延長みたいなものだし、行けばなんとかなるだろう、などとあなどってはいけません。

通うことになる語学学校の授業についていくにも最低限の語学は必要です。

また、犯罪などのトラブルの解決を行うときや、ノートのコピーを人に頼んだりをするのにも必要なのです。

留学する前にある程度の文法をおさらいすることも大事ですが、他には行く予定の国の映画やテレビ番組を聞き取れるように練習しておきましょう。

最近では、ニンテンドーDSでも、海外旅行に行く為の訓練用ソフトが販売されています。

普通の海外旅行でも、レストランの注文などには語学力が必要になりますよね。

そして、基礎的な語学力にプラスして、学力も大切です。

どんなに日本人が、ある程度優秀と言われてるからといっても、日本にいる時に勉強を苦痛に感じないくらいの学力を持っていないと、当然、短期語学留学に行ったとしても、ただ席に座ってるだけということになりかねません。

そしてこの語学と学力があっても、精神力や適応力が乏しい場合、通常の海外旅行でも苦労するでしょう。

留学先での生活は、日本とだいぶ様子が違ってきます。

日本にいる時に当然と思っていることが、全然通用しないこともあります。

そこで気にせずに日本同様の立ち振る舞いを続けると、犯罪者達に目をつけられ、命の危険すら起こりえるのです。

そそして日本人は、海外旅行に行った時に、良い意味でも悪い意味でも、好奇の目で見られるなります。

特にヨーロッパ圏は、白人が至上主義です。

そのために、有色人種というだけで、差別を受けることもあるんです。

そういう事で気持ちが滅入ってしまうという人には、辛いでしょう。

南部を除いたアメリカでは、比較的そういうことはないそうです。

やはり短期語学留学を乗り切るのは、文化の違う部分を、楽しむような適応力が必要です。

国内であっても、よその地方の人が苦手だという人は、海外に行っても楽しめないことが多いでしょう。