語学留学での適応力






語学留学に必要な適応力

短期の語学留学において、普段の生活様式や学習パターンを変えることに抵抗がある人は、最後までやりとげるのが難しいかもしれません。

これは海外旅行にも言えることです。

それでもやっぱり、短期の語学留学への強い憧れがあるのなら、そこを乗り越えていきましょう。

できるのならば、ハワイ等の比較的近い所に海外旅行行って、海外に慣れるといいでしょう。

また、ちょっと遠い場所でも、初心者向けツアーに参加してみてもいいかもしれません。

もし、海外でパニックになったりすれば、犯罪者達のちょうどいい目標にされてしまいます。

一度慣らしてしまった後は、海外旅行に行っても必要以上に構えることもなくなるでしょう。

テレビや写真等で、治安の良くなかったり、衛生状態に恵まれていない国でも、平気で荷物ひとつで、旅行に出かける男性がいますよね。

もちろん、経験や準備を十分に積んだ人なのでしょうが、旅人というとイメージとしてああいった力強い姿を思い浮かべます。

海外旅行や短期の語学留学では、そのようなしたたかさが必要なのではないでしょうか。

最近亡くなったカメラマン、鴨志田譲さんもそういったイメージですね。

逆に警戒心がなさすぎるというのも考えものです。

悪い日本人のイメージの典型のような行動をしないように気をつけましょう。

好奇心が強いことは悪くはないのですが、行き過ぎればトラブルや犯罪に巻き込まれる可能性も増えていきます。

海外旅行に限らず、もっとも良い態度は、臨機応変に対応です。

何事にも落ち着いて中庸的に構えていれば、慌てずにすみ、危険性が低くなるハズです。