高速道路料金安く






高速道路の料金を抑える方法

国内の旅行では、高速道路を利用することも多いと思います。

その費用を節約して、旅行全体にかかる費用を少しでも減らしましょう。

基本中の基本は、ETCカードを使用する方法です。

ETCはご存知のように料金所をノンストップで精算できるシステムです。

ほとんどの高速道路でETCは設置されるようになりました。

日本国内の旅行に関しては、どこでも利用可能です。

そしてETCカードを利用した割引のサービスも多くなってきています。

このETCカードの割引サービスを上手に組み合わせて使うことで、旅行の最中の高速道路の料金を抑えることができます。

最初にご紹介したいのが、ETC前払割引です。

高速道路代金を5万円分前払いすると、8千円分のおまけが付くという、とてもお得な割引サービスです。

これは旅行の際には、割とメジャーな割引の制度です。

もうひとつETC別納カードというものがあります。

これは、広告されておらず、あまり知られていません。

このETC別納カードは前払いではありません。

クレジットカード同様、使用の分を後から精算する仕組みです。

その際に、利用金額から5パーセントから20パーセントくらいの割引されます。

後払いの方がラクで良いという人は、利用してみてはいかがでしょうか。

協同組合や商工会議所などで。ETC別納カードの申し込みが可能です。

注意が必要な点は、割引率は申し込み場所によって違いがあります。

その多くは旅行者が対象でなくて、法人、営業個人用です。

しかし、個人の場合でも、納税証明書を提出すればカードは交付されます。

比較的、知られていない方法ですが、試してみてはいかがでしょうか。

いろいろな節約方法

高速道路の料金を抑えるには、ETCカード以外にも方法があります。

目立った広告展開がないため、意外と知られていない方法に、日本道路公団の高速道路の割引キャンペーンがあります。

開催している時期や期間、区間はそれぞれ違ってくるのですが、ちゃんと探せば結構あるのです。

どこへ旅行するのか迷っているときは、割引キャンペーンに合わせてみるもいいのではないでしょうか。

今までに実施された例を挙げてみます。

北海道スーパー割引5DAYSチケットというものがあって、普通車で、北海道の高速道路を5日間乗り放題で1万円というものでした。

北海道はのような広い地域では、相当お得だと思います。

それ以外では、遊遊南東北スーパー割引3DAYSチケットというものや、備北・石見スーパー2DAYSチケット等もあったようです。

それぞれだいぶ、お得な割引サービスですね。

どちらかといえば首都高速ではなくて、地方のメジャーではない道路で行われることが多いようです。

タダで、サービスエリアでコーヒーをもらえたりするサービスが付いてくることもあります。

そして旅行先で、指定された施設に割引が適用されたり、特典もいろいろ用意されているようです。

ちょっと前だと、旅行の前に金券ショップに行くと、ハイウェイカードや回数券などが定価よりも少々安い価格で置いてあったようです。

行き先がしっかり決まった旅行の場合、多くの人が利用をしていました。

しかし最近では、ハイウェイカードが廃止されつつあって、ETCカーにド一本化されようとしています。

その理由は、不正が多かったからだそうです。

ETCカードの場合は、他に持っているクレジットカードと相互ポイントになっているので、こちらもお得ですね。